楽天銀行カードローン増額手続きもメンバーズデスクから

借り入れをスタートした後お金が足りなくなってしまい、また借り入れしたいなと思っても限度額に達してしまったということが起こるかもしれません。そんな時は利用限度額の増額を申し込みましょう。楽天銀行のカードローン増額手続きはふたつの方法から選ぶことができます。どちらも簡単ですから、都合の良いほうで申し込みをしましょう。

まずはメンバーズデスクから申し込む方法です。IDとパスワードを持っている方は、すぐにログインすることができます。IDとパスワードがない方はまずメンバーズデスクの会員登録から行います。

ログインした後は、画面右側にメニューがありますのでその名からの「ご利用限度額の増額」をクリックして必要項目を入力します。

もう一つは電話で増額を申し込む方法です。平日の9:00から21:00の間にカードセンターのフリーダイヤルに電話をします。これによって増額の審査がスタートします。増額の審査が完了すれば、結果は電話で連絡が入ります。

いずれの申し込み方法でも、もちろん審査が行われます。もちろん増額の審査が否決になってしまうこともあります。否決になる場合は電話連絡でなく、書面で連絡が入ります。否決になった場合は、短期間でまた申し込みをすることはできません。少なくとも半年はあけてから再度申し込みをすることになります。

楽天銀行カードローンは、もしも増額しても新規契約と同金利での設定となります。この点も注意が必要です。

参考サイト・・・楽天銀行スーパーローンの審査がどうなっているのか知りたい!




キャッシングは銀行でも便利に!

キャッシングを取り扱っている先には、金融会社、信販会社、カード会社など、様々な先があります。
その中でも、特に安心感をもって利用できるのが、銀行、及び銀行系列の会社です。
日常生活の中でも、利用する機会の多い銀行でも、多くの魅力的なキャッシングサービスが整っています。

銀行のキャッシングの一番の魅力が、金利の安さです。
豊富な資本力を背景にして、一般の消費者金融などと比較すると、一段階低い金利設定を行っています。
キャッシング利用者としては、なるべく低い金利で借りたいと思うのは、当然のことです。
その点、銀行のキャッシングでは、4%~5%台の低金利の商品もあり、非常に人気を集めています。

その反面、審査においては、やや厳しい判断をとる先が多くなっているようです。
銀行などの金融機関は、長い間、不良債権問題で悩まされてきました。
その経験からでしょうか、キャッシングを含む、フリーローン審査には、一段階高い基準を設けています。

しかし、だからといって不安に感じることはありません。
一定の安定した収入があり、他社を含めて多くの借入をされていない方であれば、十分審査には合格することが可能です。

普段から利用する機会が多い、銀行の窓口で、安心感を持って利用できるのが、銀行キャッシングです。
窓口担当者に、顔なじみの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
機会があれば、一度、キャッシングについて相談してみるのも、いいかもしれません。
銀行ならではの、魅力的なサービスも多いので、ぜひ利用してみましょう。




カードを利用したローンカードのメリット

現在世の中には様々なローンカードサービスが存在しています。
銀行からの融資を始め、消費者金融のカードローンなどの無担保ローン、クレジットカードに付帯しているローンカード機能であったりと、各機関によって様々な形態を持っています。

銀行での融資の際にはカードが発行されるタイプのものとカードが存在しないものとの両者がありあすが、消費者金融のカードローンやクレジットカードを利用したローンカードではカードが必要となってきます。主にカードを利用したローンカードであれば、カードを使用しATMから借入を行います。また、契約している借入可能額内の利用であれば回数などの制限が無く、必要な時に何度でも借入が可能となっているのも魅力の一つとされています。

カードを利用したローンカードの多くは返済時もATMを利用し、期日内であれば自分のタイミングで返済をすることも可能となっています。ですので、余裕のある月などは回数を増やして返済を行うことができたり、金額を増やすことも可能となっています。
また、最近の企業の多くはオンラインでの利用を可能としているところも多く、カードを持ち歩くこと無く、スマートフォンやタブレット、パソコンから借入、返済の手続きを行うことが可能となります。ですので、先にオンラインから手続きを借入の手続きをしておくことで、ローンカードのカードを人に見られてしまう恐れもなく、銀行のキャッシュカードのみでATMから引き出すことも可能となるのです。

ローンカードに対する世間体は未だ後ろめたいものがあるところも多いですが、こういった方法を利用すれば、他人にバレてしまうことも無くローンカードを利用することができるので安心して頂けます。




キャッシング利用の注意点

キャッシング利用の注意点について確認してみましょう。

①必要最低限の金額を借りる事
人間ちょっと多い金額を持ってしまうと、気持ちも大きくなってしまい、必要ない、ちょっと欲しいものなどを買ってしまう事があります。手元にあったとしても自分のお金ではありませんので、必要な分だけ借入しましょう。

②自分の返済能力以上の金額は借りない。
自分の支払い能力以上の金額は審査には通らない事がほとんどですが、自分の生活が成り立たなくなるような金額は絶対に借りてはいけません。

③支払い計画は、無理のないようにする
無理のある支払い計画では、必ず返済が苦しくなります。早く返済してしまいたい気持ちは山々ですが、返済が苦しくて新たに借入をしてしまっては意味がありません。毎月無理のない返済金額を設定しましょう。

④自分にあったローン会社を選ぶ事
各社様々な特徴がありますので、ご自分に合った会社を選びましょう。
手数料無料でも、提携先のCD機械が近くになければ時間やお金をかけて支払いに行かなくてはいけなくなります。これでは手数料をかけるのと同じ事になってしまいます。

⑤悪徳ローン会社には借入しないこと
借りるというアクションを起こすのは自分です、悪い会社に騙されないように事前にしっかり調べてから借り入れをしましょう。

キャッシングは今や私たちの生活に身近な存在になっています。借りるのは簡単ですが、返済は大変です。自分に厳しく、しっかりと管理していくことが大切です。




楽天銀行のカードローンなどを利用する際には、ぜひキャンペーンを使用した申し込み方法を

インターネット上でのオンラインショッピングをする際に、楽天市場を利用している人はとても多く存在しています。業界内のシェア率を見ても、そのことが明白です。そんな楽天市場を利用をしているとサイト内によく現れる自社提携の銀行やクレジットカード、またはカードローン比較の案内を見かけた事はありませんか?
様々なサービス内容で、楽天を利用する人にとっては、とてもメリットが多く感じられます。提携している事もあり、銀行やカード類を利用する事で、楽天市場内で利用可能なポイントが付くシステムとなっています。また、楽天市場からのリンクで申し込みをすると、さらにボーナスポイントが付くといったキャンペーンも行っています。
もし、上記に挙がっているサービスを利用する予定があれば、はじめから公式ページで申し込みをするよりも、ボーナスポイントの付加のあるキャンペーンページより行いましょう。

各ページでそれぞれ表示されている広告バナーをクリックするとキャンペーンの適用がされた申し込みページに飛んでいき、そこから申し込みをしていく事でボーナスポイントが付与される仕組みになっており、事前に楽天のIDをお持ちの方であれば、大半の情報の入力がカットできます。また、必要な書類等を事前に用意をしておけば、オンライン上ですべての行程を完了する事が可能です。最近では、スマートフォンなどのガジェットから必要書類をカメラで撮り写真にし、そちらを送信する事で書類の提出とすることも可能であるので、とても手軽に申し込みを済ませる事が可能となっています。

各種のサービスを利用するにあたり、少しでも条件のいい状態で利用できる事はとても有意義になります。同じサービスを利用するのに、他者と比較して条件が恵まれているという事はメリットとなりますので、ぜひこういったキャンペーンを利用する事をお勧め致します。




消費者金融のATM

昔の昔は「質屋」といい品物をお店に持っていき、それを担保にして
お金を借りるという世の中でした。それが今では保証人や担保ナシで、
銀行や消費者金融の店舗にも行かず、契約や借り入れが出来るようになりました。
そのお金の借り方は町中にたくさんあるATMは、ちょっとお金に困った時、返済をしたい時に、
消費者金融のカードが対応さえしていれば色々な手続きを行うことが出来ます。

重宝するATMですが、すべてのATMが消費者金融のサービスを使えるとは限りません。町中にあるATMは、自動契約機ではない場合、ほぼ銀行のATMですよね。
つまり銀行と提携している消費者金融会社でなければ、そのATMで
カードが使えないのです。
たとえば「モビット」や「プロミス」など、コマーシャルでもお馴染みの
消費者金融は、それぞれ大手の銀行と提携を組んでいます。
ですからその銀行のATMであれば、借り入れや返済が行えるのです。

ところで銀行のカードローンと消費者金融は、区別がとても分かりにくく
なりました。あなたのカードは銀行ですか?それとも消費者金融ですか?
両方ともカード一枚なので見分けがつきにくいかもしれません。
銀行なのか消費者金融なのかによって、使えるATMも違ってきますので、
把握しておくとより便利です。

コンビニやスーパーのATMは、銀行や消費者金融などと提携を
結んだ金融機関に対して1台のATMで対処できると言うものです。
最近ではインターネットを使った融資や返済なども始まっていますが、
パソコンやモバイルに弱い人でもATMの操作が出来れば充分です。




住信ネット銀行の支店名

ネット利用者の増加に伴い、急増しているインターネット銀行の口座数ですが、ネット銀行の支店名って変わった名前なんですよね。普通、都市銀行などだとそこの支店のある土地の名前が付きますよね。河原町支店だとか、渋谷支店だとか、そういうのが普通の銀行コードだと思います。

例えばメジャーなところであれば、楽天銀行であると遊び心のある支店名になっていて、「ジャズ支店」「サルサ支店」「ダンス支店」「ビート支店」「ピアノ支店」などといった音楽にちなんだ?ネーミングになっています。これ、始めて見る人は多分見慣れないから、それを知らないで仕事で請求書が来たときなどこの支店名が書いてあったら冗談かと思ってしまいますよね。

また、金利の高さや手数料の安さなど個人向けサービスの充実により顧客を集めている住信ネット銀行は支店名がフルーツの名前になっていて、「イチゴ」「ブドウ」「ミカン」「レモン」「リンゴ」というようになっています。幼稚園や保育園の「イチゴ組」とかみたいでちょっと可愛いですよね?

他にも星座の名前を付けている銀行や、花の名前を付けている銀行、宝石の名前を付けている銀行などみんな個性的で様々なネーミングにしているようです。確かに、ネット銀行は一応支店名・銀行コードを分けてはいますが実際には支店を持たない、店舗を持たない銀行です。ですから結構自由にこうした名前がつけられるんですね。支店を選ぶときにもちょっと自分にとってラッキーなアイテムや好きなものにしてみたり、遊べるところは遊んでしまいましょう。また、学生さんなどがアイフル 親バレなど気にすることがあります。親としては気をつけたいところですね。